« Sleipnir::検索結果にハイライトを行う。 | トップページ | BCB6でboost1_32_0でvaridate_generatorあたりでコンパイルエラー »

2005年3月11日 (金)

漢字変換(MS-IME)Tips(F10で半角に変換)

漢字変換起動中に起動していないつもりで入力し、F10を押すと半角、つまり漢字変換が起動していない状態で同じキー入力をした状態に変換されます。例えば、

"m。たまき’s"と入力してF10を押せば"m.tamaki's"となります。
また、MS-IMEでの話ですが、漢字変換起動中、未確定文字列の中に半角スペースを入れたいときはCtrl+Spaceを押します。
また、漢字変換起動中、全角かな漢字を入力していてShift+アルファベットを入力すると勝手に半角英数字モードに切り替わる経験を持つ人は多いと思います。
例えば
"このサイトのLibraryの"
と入力するとき、"このサイトのLibrary"までは違和感なく入力できますが、"の"が"no"となってしまいます。

この半角英数字モードはShift空打ちで全角かな漢字モードに戻せます。
つまり、"このサイトのLibrary"まで入力したらShiftを一回押します。その後"の"と書けばちゃんと全角で"の"となります。

|

« Sleipnir::検索結果にハイライトを行う。 | トップページ | BCB6でboost1_32_0でvaridate_generatorあたりでコンパイルエラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61222/972644

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字変換(MS-IME)Tips(F10で半角に変換):

« Sleipnir::検索結果にハイライトを行う。 | トップページ | BCB6でboost1_32_0でvaridate_generatorあたりでコンパイルエラー »