« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月20日 (水)

CUnknownのありか。

C:\Program Files\Microsoft DirectX 9.0 SDK (April 2005)\Extras\DirectShow\Samples\C++\DirectShow\BaseClasses\combase.h
にある。

#define AM_NOVTABLE
#include <wxdebug.h>
#include <Combase.h>

こうすると通る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月13日 (水)

BCB6でDX9をを使う。

DirectX9のSDKはVC用に作られていて、そのままではBCBでリンクが通らない。
以前のDXはcoff2omf.exeというツールでBCB用に変換できたが、DX9のは無効なファイルが出来上がってしまって使えない。

DLLからlibを作る方法もあるが、libしかないファイルもあり、やはりリンクができない場合がある。
が、BCB用のlibを提供しているところがあった。

(Ref: http://clootie.narod.ru/cbuilder/index.html )

libsやdllsを置いてるページがくそ重なので直りん
http://clootie.narod.ru/delphi/DX92/Clootie_DX92_dlls.zip
http://clootie.narod.ru/delphi/DX92/CBuilder_DX92_libs.zip

中ほどの"DirectX libraries for C++Builder"の"CBuilder_DX92_libs.zip"がlibファイル群となる。
これをダウンロードして展開し、BCBのプロジェクトオプションのディレクトリ設定のライブラリファイルのところに展開先のパスを指定してやればよい。

これでリンクは通るが、実行時にDLLがないといってエラーになる。これは先のページの"Clootie_DX92_dlls.zip"を落としてきて展開し、中の2つのDLLをwindows\system32のようなパスの通ったディレクトリに放り込めば解決される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CVS・SVN::Ignore file(.cvsignore)

 *.#* *.~* *.aps *.avi *.bak *.cgl *.csm *.ddp *.dll *.dsk *.exe *.exp *.gid *.i *.ilk *.idl *.ini *.jpg *.JPG *.lib *.lnk *.mrg.* *.nbc *.ncb *.obj *.opt *.pdb *.plg *.prej *.pyc *.pyd *.res *.str *.suo *.tds *.tlb *.txt *.user *release* boost* *Debug* *debug* HTML *Release* Thumbs.db

このくらい登録しておくと便利。svn:ignoreはなんで.cvsignoreみたいに設定を継承したりできなくなったのかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cvs::sourceforge

set CVSROOT=:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/tortoisecvs
cvs login
cvs -z3 checkout TortoiseCVS
cvs logout

| | コメント (0)

2005年4月 8日 (金)

DX9のGraphEdit

DX8についてきたGraphEditなどのDirectShow周りのツールはDX9では標準ではついてこないらしい。

Extraというのを別途落とせとググると出てくるのだが日本語のサイトにはぱっと見、ない。
英語のところに行くとある。
http://msdn.microsoft.com/directx/directxdownloads/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »