« iScrobbler Preferencesの設定ダイアログがiTunesの起動時に毎回出る | トップページ | ひとつのエントリするほどじゃないメモs »

2006年2月13日 (月)

SQLとカラム

  • whereをカラム名=値という形でなく、カラム名だけで指定するとどうなるか

    select test from tbdbsql where test
    と言うクエリを実行するとtbdbsqlのtestカラムの要素がTrueに評価される行のtestカラムの要素だけが表示される。
    0はFalseに評価され、1以上の整数はTrueに評価される。
    文字列はFalseに評価される。
  • testカラムの中の"test2"という値を持つ行を抜く。

    select test from tbdbsql where test = "test2"
    と言うクエリを実行すると、test2というカラムがあると、testカラムとtest2カラムの値が同じ要素だけが表示されてしまう。

    これは"test2"がSQLにおける文字列型でないため。'test'という感じにシングルクオーテーションを使う。

|

« iScrobbler Preferencesの設定ダイアログがiTunesの起動時に毎回出る | トップページ | ひとつのエントリするほどじゃないメモs »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iScrobbler Preferencesの設定ダイアログがiTunesの起動時に毎回出る | トップページ | ひとつのエントリするほどじゃないメモs »