« 極東ブログ: 米国財政赤字の実体は知的投資か | トップページ | HTMLのAタグのhrefにfoo.cgi?a=b&c=dと書くのは誤り »

2006年3月 7日 (火)

cherrypyのサーバー解決の高速化

cherrypyというPurePythonのHTTPDがある。残念ながらHTTP1.0しか扱えないのであまり早くないが、pythonでちょっとしたローカルサーバーを作るには非常に便利なモジュール。

そのcherrypy2.1.0であるポートを開こうとしたとき、そのポートがすでに使われていると当然ながら開けずにエラーになるのだが、そのときのブロック時間が超長い。この待ち時間はconfigではどうやら変更できなさそうだ。

が、_cpserver.pyの342行目あたり、def wait_for_free_port(host, port):の for trial in xrange(50): の50を5とかにすると超早くなる。
成功するときはたいてい一発でつながるので5回も試行してだめならとっとと別のポートを開いた方がいいっす。たぶん。

|

« 極東ブログ: 米国財政赤字の実体は知的投資か | トップページ | HTMLのAタグのhrefにfoo.cgi?a=b&c=dと書くのは誤り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61222/945738

この記事へのトラックバック一覧です: cherrypyのサーバー解決の高速化:

« 極東ブログ: 米国財政赤字の実体は知的投資か | トップページ | HTMLのAタグのhrefにfoo.cgi?a=b&c=dと書くのは誤り »